Social
Distancing
Communication
Platform

Concept

リアルな場で集まることが難しい状況になった今、
オンラインでリアル空間の様なソーシャルな営みを行うことができないか。

Social Distancing Communication Platformは、
大人数でのオンラインコミニュケーションの新しい可能性を探る実験的なプロジェクトです。

1stテストケースとして、音楽イベントをモチーフにプロトタイプを製作しました。

リアル空間と同じように、自分と対象との距離によって音量が変化します。
DJブースに近づいたら音楽が大音量で聞こえ、離れれば音量が小さくなります。
近くの人とは会話ができて、逆に遠くの人の声は聞こえません。

そのような、リアル空間に近い体験により、オンラインコミニュケーションにおける
私たちの振る舞いはどのように変化するでしょうか?

音楽イベントをはじめ、バーチャルなオフィス空間、ソーシャルパーティ、飲み会など、
カスタマイズで様々な用途への展開が可能なプラットフォームを目指します。

Next Action

  • 1.ユースケースの検証・自由度の高いユーザービリティーの開発
  • 2. 機械学習による会話の解析を用いたインタラクション開発

Credit

  • Creative direction

    Kyle McDonald + 真鍋大度 [Rhizomatiks]

  • Frontend engineer

    三登健太郎[armsnox]

  • Production Management, UI/UX Design Support

    木村浩康[Rhizomatiks], 清水啓太郎[Rhizomatiks]

  • Technical Support

    武政竜也[Rhizomatiks], 塚本 裕文[Rhizomatiks], 佐々木一[Mountposition], 2bit Ishii, 堀宏行[PAN]

Contact

開発パートナー、スポンサーを募集します。
ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。
実際に使用を想定される企業や団体のご要望もお聞かせください。