株式会社ライゾマティクス(Rhizomatiks)は、
2016年7月25日、 創立10周年を迎えました。
メディアアートと産業、企業とのコラボレーションによって
社会に大きなインパクトを与えるため、2006年に法人化したライゾマティクス。

広告・宣伝、ミュージアムや舞台作品から始まったクリエイションは、
メディアアートが社会に広がると共に、
パリ・コレクションやミラノ国際博覧会、
国内外のアーティストの大規模ライブ公演、
中高生を対象とした教育など、多様なプロジェクトに発展していきました。

実験や研究、アートプロジェクトとして始まった試みが、
次々とビジネスとなって社会に還元されていくにつれ、
より専門性の高いクリエイションが要請される時代を迎えています。

2016年7月、ライゾマティクスは
「Research」「Architecture」「Design」の3つの部門を設立し、
より複雑で高度な要求にも対応するべく新たな体制を構築します。

新体制となったライゾマティクスは、
これまでにも増して外部のアーティストや
研究者とも積極的にコラボレーションを行い、
相互にインスピレーションを与えあうことで、
新たなクリエイティブ領域を創生し、
人類・社会に貢献していくことを目指します。
研究・表現活動を通して世の中を変えていく、
ライゾマティクスのこれからにご期待ください。

2016年7月25日株式会社ライゾマティクス

Rhizome複雑に増殖する根となる。

“Rhizome(根茎・地下茎)”という多様構造の考え方に
共感し
2002年に誕生したRhizomatiksは、
ヒエラルキーにとらわれない、

非階層的、非法則的、非統一的な集団・コレクティブ。

ざまざまなプロジェクトを通じてモノ、コト、場所と関係し合い
あらゆる方向に
根を複雑に伸ばし、増殖していく。

強い点同士が、必要に応じて繋がり合い、
時には未来の表現を開拓し、

時には課題を解決し、時には新しい体験を創り出す。

この増殖には終わりはない。
Rhizomatiksは2016年現在3つの部門となり、
それぞれが育ち、広がり、
絡まり合いながら次の根をまた創りだす。

  • Rhizomatiks co.,ltd.

    株式会社ライゾマティクス

  • Main Financing Bank

    The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd. Ebisu Branch
    三菱東京UFJ銀行 恵比寿支店

  • Executive

    Seiichi Saito, Daito Manabe, Hidenori Chiba, Motoi Ishibashi

  • Buisiness Outline

    Web Design, Interactive Design, Graphic Design, Architect

    ウェブデザイン、インタラクティブデザイン、グラフィックデザイン、内装・建築

  • Contact

    TEL : +81-3-5778-4571FAX : +81-3-5778-4572MAIL : info@rhizomatiks.com

  • Flotation

    Jul. 25, 2006

  • Location

    1F 2-27-7 Higashi, Shibuya-ku, Tokyo, Japan,150-0011
    〒150-0011 渋谷区東2-27-7 恵比寿東ハイツ第2 1F

  • Capital Fund

    ¥ 3,000,000